\当サイト主催でイベントをおこないます!/
ただいま前売りチケット3次販売中!

のぎおた46!第2回(ゲスト:あんぞう⊿さん)


のぎおた46! あんぞう⊿さん 乃木坂メンバーや関係者ではなく、ファンの方にスポットを当ててみよう!という企画、「のぎおた46!」。ゲストが次のゲストを紹介していく「のぎ友の輪」システムでやっていきます。

第2回目のゲストは…

あんぞう⊿ さんです!

前回のゲストなべりょう⊿さんからの紹介コメント:
最近リプライ欄でからんだあんぞう⊿さん。勝手に強いシンパシーを感じております。


あなたのこと。

まずは、かんたんな自己紹介をお願いします。

東京都出身の会社員のおじさんです。
趣味は音楽鑑賞。スノーボードなどもしますが最近はご無沙汰です。

小さい頃からアイドルは好きで、毎週ザ・ベストテンは欠かさず見てました。聖子ちゃんやたのきんトリオ(今の人達にわかるかどうか 笑)から、友達のお兄ちゃんの影響でYMOや山下達郎、ゴダイゴ、ユーミンなんかの当時ニューミュージックと呼ばれたジャンルの方も好きで聴いてました。

おニャン子クラブは会員no.8番の国生さゆりさんのファンで、その頃から秋元先生にはお世話になってたんだなぁ、、、と。
今乃木坂で推している女の子も小百合さんという所にも運命のようなものを感じます 笑


あなたと乃木坂46について。

乃木坂にハマったきっかけとファン歴を教えてください!

私がハマるきっかけを作ったのは、今の会社の先輩。

当時、AKBヲタだった先輩はいつか劇場に行きたいといつも言っていた梅ちゃん推しでした。そこから、僕もその影響を受けてAKBの番組を観るようになり、そこからHKTやNMBにも少し興味はあったのですが、ヲタになるほどハマることはありませんでした。

そこに飛び込んで来たのが「乃木坂ってどこ?」
全然ファンでもなんでも無かったのに、この番組だけはメチャメチャ面白くてよく見ていたのを覚えています。その頃が丁度bicycleからマネキンに移行する時期だったんですね。

4thの選抜発表で真夏さんがいきなりの福神入りを果たし、辛い再スタートを切ったのはみなさんもすでにご存知の通りです。そんな逆境の中、少しでも乃木坂メンバーに追いつきたい、認めてもらいたい一心で飛んだスカイダイビングの回は今でも思い出深いものになっています。


今までどのくらい乃木坂にお金を使いましたか?

さぁ、、、覚えていられる程少なくない事だけは覚えてます


最初の推しメンと現在の推しメンは?

最初って、推しメンらしい推しメンっていなくて、乃木坂メンバーのつつましやかな雰囲気とか、クラシカルな印象がとても好きでした。その頃から箱推し適性あったのかもしれません 笑

でも、先程も答えたようにスカイダイビングを飛んだ秋元真夏さん、独自のバラエティ路線で悩み、頑張っていた高山一実さんがその頃は好きだったかもしれません。

その後、在宅での応援に飽き足らず、僕は現場にデビューすることになります。その最初の現場が「16人のプリンシパル deux」、そこで出会ったのが井上小百合さん。

忘れもしない、2013年5月9日。その日彼女は「いつみ」というあばずれ女の役で舞台に登場しました。

普段の可愛らしくて、設楽さんに少し責められたら泣いてしまうようなか弱い雰囲気はもはやそこにはなく、いつみという役に完全になりきった演技をまざまざと見せつけられました。 僕はそのギャップに敢え無くやられてしまい、現在に至ります 笑

もしかしたら、その時の役作りの姿勢は「僕嘘」で見せた憑依パフォーマンスと呼ばれるダンスと立ち居振る舞いに現れているのかもしれません。


井上小百合さんの魅力を教えてください。

さゆちゃんは当時、どちらかというと可愛いのだけど、他のメンバーを押しのけてまで前に出るという気概は余り見られなかったように思います。それは、彼女がまだ発展途上で、周りを気にする前に、自分の事で手一杯だったのではないかという事が関係していると思います。

ですが、ここ最近はアンダーライブを経て、自分に自信が持てただけで無く、乃木坂の中での自分の役割というものも意識できるようになり、他のメンバーを引っ張っていくという役割を担うまでに成長しています。

今まで、TVに出ても、ほとんど喋る機会も無く終わってしまった番組での収録も、積極的に発言するようになり、明らかにアンダラや外仕事で培ってきた自信の様なものが窺い知れるようになってきました。これは本当に僕も驚いています。人って、こんなに変われるものなんだな、と。

また、彼女の魅力はブログなどでも見せる真摯なまでの向上心、スタッフさんや家族、ファンのみんなに投げかける感謝の言葉、気持ち。決して驕ることなく、前を向いてひたすらに坂を登り続ける姿勢。

地元の友達、学生生活、色んなものを投げうって、乃木坂に掛ける熱い思い。その全てが尊敬に値する人だと思います。僕は彼女を心の底から尊敬しています。


乃木坂46の活動について。

乃木坂46 いちばん良かった(嬉しかった)イベント、もしくは出来事は?

僕が一番嬉しかったのは、代々木体育館で行われた全国ツアーファイナルで発表になった7thシングルの選抜発表にみさみさ、ひめたん、ひなぴょんが選ばれた事。(特にひめたんが選ばれた時は相当沸いてましたw)


逆にいちばん嫌だった(悲しかった)出来事は?

まっちゅんのスキャンダルは正直つらかったです。

まぁ、してしまった事は仕方ないけれどあれが無ければ、彼女はもっと福神で輝いていたんじゃないかと思うと残念で仕方ないです。


のぎどこでいちばん好きな回はなんですか?

あの、関東対地方で対決した回、みんなのヤンキー風の衣装が意外にカワイイです。みさみさのタイトスカートにドキドキしちゃいます♪


乃木坂の今後について、運営さんに直接交渉できるとしたら何をお願いしますか?

難しいとはおもいますが、メンバーそれぞれに活躍のチャンスを与えてあげて欲しいです。


のぎ史上最高の曲はなんですか?

おいシャン。悔しいけど、おいシャン 笑


のぎ史上最高のMVはなんですか?

気づいたら片想い、何度見ても泣けます。次点は「僕嘘」同様です。


乃木坂46のメンバーについて。

乃木坂46 乃木坂メンバーにまつわるエピソードでいちばん感動したのは?

やはり僕の中で外せ無いのは、生駒ちゃんのAKB兼任の話でしょうか。

彼女は1stから選抜のセンターに据えられて、そのまま5thまでセンターの重責を担い続けました。そこからセンターを一度退いて、センターの重圧から解放されたのも束の間、AKBとの兼任の話を受け、2足のわらじを履いての1年間。その兼任の期間の忙しさは想像に難くありません。

でも、彼女は兼任が決まった時も「乃木坂の為に」というスタンスは一切変える事なく、自分が率先してAKBの色んな良い所を吸収して、それを乃木坂に持ち帰る事で新たな風を吹かせる事に成功したと思います。


ということは、兼任賛成派ですか?

今だから言えますが、私実は生駒ちゃんと玲奈さんの交換留学、大反対してました

公式ライバルが、お互いにメンバーを入れ替えちゃったら乃木坂のカラーが消えてしまう。。本気でそう考えていました。

でも、結果としては生駒ちゃんはAKBで色んな事を持ち帰って乃木坂の力にしてくれたと思うし、玲奈さんも乃木坂の為に自分ができる事を真剣に考えて、支えてくれた期間になったと思っています。

生駒ちゃんが参加した選抜総選挙。乃木どこでも放送しましたが、メンバーは生駒ちゃんの為にティッシュを配りました。生駒ちゃんは一人じゃない。乃木坂の良さである、みんながお互いの事を考えて行動できるその良さが最も出た所なんじゃないかと思います。

今でも番組を見返すと涙が出てしまう素晴らしい回だったと思います。


乃木坂46 今後センターが固定になるとしたら誰がいいと思いますか?

これ、答えにならないと思いますが、センター固定にしないで欲しいです。


卒業メンバーをひとりだけ戻せるとしたら誰がいいですか?

伊藤寧々ちゃん。


よく言う「乃木坂らしさ」とは何だと思いますか?

「乃木坂らしさ」とはそれぞれが自分の為に、そしてみんなの為に頑張れる存在である事。個々がスキルアップして、それを乃木坂に持ち帰ることで乃木坂46というグループはドンドン坂を登っていける。お互いを思いやり、助け合いながら坂を登る。

それが私の考える「乃木坂らしさ」です。


乃木坂46のファンについて。

乃木坂46 ファン 乃木坂ファンについて、何か思うことはありますか?

ファンはメンバーに似るんでしょうか。私が現場などでお会いする方々はみなさん礼儀正しく奥ゆかしい方が多いように思います。

ただ、人気が出てくるとファンの人数も増えてきます。そうなると今まで無かったようなルール違反やマナーの悪い方が出るのは本当に悲しい事です。

しかもそれは全てではなくほんの一握りの方々。でも、世間ではそこがクローズアップされてこれだから乃木ヲタは、、、ひいては「これだからアイドルオタクは」というレッテルを貼られてしまう原因になってしまうのはとても残念です。

ライブで沸くのは私も大好きなので、ちゃんとメリハリをつけて応援する。ゴミは持ち帰る。割り込みをしないとか、、、一般常識に関わる部分に関してはもう一度考え直して欲しい所だと思います。


これからファンになる人に知っておいてほしいことはありますか?

僕は、アイドルでもアーティストでも推し始めるのに遅すぎる事は無いと思ってます。だから、新規でファンになった方々も遠慮したりする必要はありません。

大切なのは応援したいという気持ちだと思うので、ライブでも握手でもブログのコメントでも構いません。自分の熱い思いを思い切りぶつけてみたら良いと思います。それが、メンバーに明日への活力や自信をつけるきっかけになるかも知れません。

メンバーは意外とみんなの声援で勇気付けられて頑張っているんじゃないかって本気でおもってます。


イベント現場やtwitterで、他ののぎファンから声を掛けられるのはOKですか?

全然ウェルカムです。僕は乃木坂を通して沢山の方と知り合いたいです。


フリートーク。

乃木坂46 ファン あんぞうさんといえば、飲み会のイメージがあります。けっこうなペースで飲み歩いてません?笑

週に大体2、3回くらいでしょうか?一緒に飲みに行くのは会社の先輩、もしくは最近はフォロワーさんにお誘い頂き、いろんなところに遠征して飲むのがブームになりつつあります。笑


遠征飲み!フォロワーさんと言うと、どんな方々ですか?

そうですね、最近だと万理華推しのかたしゃん、玲香推しのゆういちさんとご一緒させて頂く機会が何度かありました。今後もお誘い頂けると良いのですが。。。


やっぱり乃木坂の話題が多いもんですか?

もう話題は乃木坂しかありません。笑

最近の握手会の話題から、推し始めの頃の話、アンダーライブでのエピソードやツイッターでの会話のやり取りなど、、、最近は自分の推しメンへの握手勧誘なども並行して行ったりしてました。

やはり共通の話題で盛り上がれるのってとても楽しいですよね。


うわー楽しそう!飲み会グループ内での流行りとかあります?

流行っている事、、、うーん、これはもうツイッターではお馴染みかもしれませんが、お酒が十二分に回ってくると、ぽつらぽつらと推しの写真をテーブルに飾り始める「フォトイート」


ツイッターのタイムラインで見たことあります!

たまにキンブレを振る人も出たりして中々の厄介ぶりです。笑

特にお酒を飲みながらCAS(※ツイキャス配信)したりすると、みんなのテンションがさらに上がって盛り上がってます。前回のCASにはクイズ王の古川さんも来て下さって、みんなのテンションもMAXでした。


クイズ王!アツいですね。

いつかのCASでは、突然に脱ぎ始めるというハプニングも。。。需要があるかどうかわかりませんが、、笑


ではそんなお酒ではっちゃけるあんぞうさん、最後は真面目にひとことお願いします!!

乃木坂は今がかなり旬な時期を迎えていると思います。これから先もこの状況を持続できるかどうかはファンの皆さんの気持ち一つなんじゃないかなって思ってます。

でも、そんなに肩ひじ張る必要はありません。自分のお気に入りのメンバーを全力で応援する。DDの自分からは全く似つかわしくないセリフが出てしまいましたが 笑

それが彼女たちの力になる。それだけは疑いようのない事実だと思います。あなたの楽しい時間が少しでも乃木坂を通しての時間でありますように。


まとめ。

あんぞう⊿さん、ありがとうございました。

のぎ飲み会、楽しそすぎます。濃さについていけるか不安ですが、いつか混ぜてください!


↓ 感想やフォローはこちらへ ↓
あんぞう⊿さんツイッター



次回のゲストは、あんぞう⊿さんご紹介のあの人!記事のアップまでお楽しみに。

過去のインタビュー記事はこちら。⇒のぎおた46!


追記:

5/30
さっそくたくさんの反響をいただきました。
下のコメントをくださった方、ツイッターなどでリアクションいただいた方、本当にありがとうございます!


この記事についているタグ
4件のコメント
  • ICカードマン より:

    この企画楽しみにしていましたので
    興味深く拝読させていただきました
    まさか今回があんぞうさんだとは思いませんでしたけど・・・

    個人的にも刺激になりありがとうございました

    乃木坂46が盛り上がるきっかけになればと思いますので
    これからも楽しみにしています。

  • unimasa より:

    じっくり読ませていただきました。
    好きなものに、しっかりと向き合いながら楽しむと姿勢、人柄が出てますね。
    楽しい企画、ありがとうございました。

  • ゆういち@おっさん より:

    知らぬ間にこんな事になっていたんですね(笑)

    でも切り口といい内容といい意外性も含めてものすごく面白い企画ですね!

  • しゅんぞー より:

    こんな面白い企画があったんですね!

    楽しく読まさせていただきました。

    様々なヲタの皆様の意見をリアルに聞けるのはとても貴重であり、視野が広がります。

    これからも期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


ct

ページ上部へ