\当サイト主催でイベントをおこないます!/
ただいま前売りチケット3次販売中!

乃木坂浪漫スペシャルイベント(第2回)レポート&感想!

1,362 views

乃木坂浪漫 初期の乃木坂46を代表するコンテンツ、「乃木坂浪漫」を知っていますか?

乃木坂メンバーが有名な小説の一節を朗読する、深夜の5分番組。2012年に放送されていました。

私はこの頃まだファンではなかったのでリアルタイムでは知りませんでしたが、映像がきれいで乃木坂の雰囲気にも合っていたためか、番組終了後もファンの間で話題になることが多かったとか。


そんな伝説の番組、今年上旬に「楽天SHOWTIME」にて有料配信が開始されたのです。

で、これを購入した人の中から抽選で当たった150人が招待される、このスペシャルイベント。

11/15の土曜日、参加してきたのでいろいろ書いてみます。


    もくじ
  • ①当選から入場まで
  • ②スペイベ開演!
  • ③オープニングトーク
  • ④秋に朗読したい一冊
  • ⑤読んでほしい作品朗読
  • ⑥プレゼント抽選会
  • ⑦全員で朗読
  • ⑧歌詞を朗読
  • ⑨エンディング


①当選から入場まで

乃木坂 SMEビル 「乃木坂浪漫」は、楽天SHOWTIMEで購入することができます。

購入と言ってもオンデマンド配信なので、一定期間だけ見放題になる権利を買う、というもの。

「花」「鳥」「風」「月」の4話に分かれていて、それぞれおよそ2時間ほど。価格は28日間見放題で3,218円という強気設定となっております。

購入してキャンペーンページの応募ボタンを押せば、1話につき1口の応募。後日メールで当落の通知がきます。

今回の開催が第2回で、その回によって登場メンバーが変わるのです。


会場。


会場は、乃木坂にあるSME乃木坂ビル。初期の「乃木坂って、どこ?」やドキュメンタリー映像なんかで映る、ガラス張りの渡り廊下が特徴的なあの建て物です。

当選者にはメールで整理番号が送られ、その番号ごとにビル内の小ホールみたいな部屋に入場。

150人全員の当選メールチェック・身分証チェック・しっかりめの持ち物検査があり、入場後は好きな席を選んで座ります。


座席。


乃木坂浪漫 座席 会場内はこんな感じ。

席の間にある不自然な空間は、メンバーが朗読しながら歩く通路です。

最前付近の席が取れなくても、この通路沿いを取れればメンバーと超接近できるというわけですね。

私が入場した時点で最前付近は埋まっていたので、この通路に正面を向いて座れるところを選びました。あとで書きますが、これがまたかなりの優良席。


参加メンバーは?


生駒里奈、伊藤万理華、井上小百合、齋藤飛鳥、斉藤優里、永島聖羅、橋本奈々未、星野みなみ、松村沙友理

計9人。どうですかこの豪華さ。

なんで私が今回応募したかというと、万理華さんと井上さんをはじめ好きなメンバーばかりなのと、開催が土曜日だったから。前回の第1回と、来月の第3回は平日開催なのです。

推しのさゆまり参加と土曜開催が重なるなんて、それはもう狙いにいきますよね。


②スペイベ開演!

乃木坂浪漫 ライブなどと同様、影ナレから開始。担当は星野さんと飛鳥さん。

星野さんがあいさつひと言目から噛んだり、ふたりの息が合わなかったり、最初からお客さんみんな大爆笑でした。

  • 最初のあいさつで甘噛み&毒づき
  • 星野「みなさん、今日はおい…そがしいなか(笑)…ねーやだー!お集まりいただきありがとうございます!」
  • 会場(笑)
  • 飛鳥「土曜の夜に来てるってことはさ、みんな暇なんだと思う。」
  • 会場(笑)
  • 星野「まあさー、そこは触れないでおこ?」

  • 固くお断りします
  • 星野「上演中の写真撮影は、固くおとこわ…おこと…あー!待って!」
  • 会場(笑)

星野さんと飛鳥さんも、よい意味で「ちゃんとやらなきゃ感」が薄く、他のイベントに比べてすごくリラックスしている雰囲気。かなり自由にしゃべっていたと思います。


メンバー入場。


影ナレが終わり、照明が落ちていよいよメンバー入場。

先ほどの図のとおり、ひとりずつ朗読をしながら会場上手側のドアから入ってきます。客席の間を通ってステージに上がり、イスに座ると次のメンバーが入ってきて…という流れ。

服装は、13thの制服。あのエンジ色のやつです。

ここで私の席の優良ぶりが本領発揮!近い!握手会と同じくらいの近さでメンバーが目の前をゆっくり歩いていきます。

こういうイベントのとき、「握手会があるんだから別に近さとかどうでもいいじゃん?」と思ってましたが、いざこうして体験してみるとうれしいものですね。


朗読したのは?


  • 生駒里奈「ごんぎつね」(新美南吉)
  • 伊藤万理華「ドグラマグラ」(夢野久作)
  • 井上小百合「湖畔手記」(葛西善蔵)
  • 永島聖羅「手巾」(芥川龍之介)
  • 斉藤優里「城のある町にて」(梶井基次郎)
  • 齋藤飛鳥「山月記」(中島敦)
  • 星野みなみ「坊っちゃん」(夏目漱石)
  • 松村沙友理「夫婦善哉」(織田作之助)
  • 橋本奈々未「堕落論」(坂口安吾)

乃木坂浪漫の本編でそれぞれが朗読したものですね。

影ナレとは打って変わって、全員まじめモード。手に持ったファイルの上の文字を見つめ、丁寧に朗読していました。


③オープニングトーク

早出明弘 会場が明転し、MCを務める早出明弘さんが登場。ネット配信番組「のぎ天」の進行でおなじみの芸人さんです。

早出さんの仕切りで、あらためてメンバー全員の自己紹介とトーク。

  • 松村さんの客いじり
  • 早出「朗読どうでした?」
  • 松村「うしろの通路あるじゃないですか?あそこ通るとき、あの列の人がすごい前のめりなんですよー。めっちゃ顔見てんねやろ。」
  • 早出「顔見てるわけではないでしょう?応援してたんでしょ?」
  • 私の友人「見てました!」
  • 早出「…見られてたそうです。」
  • 会場(笑)

なんとここで、松村さんにいじられてしまいました。

一緒に行った友人と私、ふたり共ここぞとばかりにメンバーの顔見たろと意気込んでいたのが、姿勢に表れてしまった模様。

気を散らせてしまったようですいません…。でもうれしかったです。


  • 温泉トリオ不仲ネタ
  • 早出「井上さんと万理華さんはどうですか、仲良しだから大丈夫でした?今日も中元さんとは…」
  • 万理華「いやそれはあのー、今週の乃木中を見ていただいて…」
  • 会場(笑)

さすが早出さん、乃木坂の最新ネタも完璧にチェックしているようです。こういうタイムリーな話題はおもしろいですよね。


  • 変態よばわり
  • 早出「どうでしたか変態は?あ、優里さんは?」
  • 優里「…。」
  • 会場(笑)

のぎ天で培った関係性ですね。


④秋に朗読したい一冊

乃木坂浪漫 ひとつめのコーナーは、9人がこの秋に読みたい(読んだ)本を1冊を紹介し、お気に入りの一節を朗読するというもの。

  • 生駒里奈
    火葬場のない町に鐘が鳴る時(和夏弘雨)
    メイドさま(登場人物)が気持ち悪くてスリリング。サスペンスでおもしろい。
  • 井上小百合
    トクサツガガガ(丹羽庭)
    主人公が私と重なるところがある。
  • 伊藤万理華
    みづいろ(小林健二)
    科学者が書いた詩集。頭の中をのぞいてみたい。
  • 永島聖羅
    人生はニャンとかなる(長沼直樹)
    猫好きだから選んだ。乃木坂の活動と重なる部分がある。
  • 斉藤優里
    ちぐはぐな部品(星新一)
    普段本を読まないけれど、この本はラジオでおすすめされた。
  • 星野みなみ
    ティファニーで朝食を(トルーマン・カポーティ)
    お母さんに映画を薦められて、見る前に原作を読んでおきたい。
  • 松村沙友理
    君の膵臓をたべたい(住野よる)
    すごく爽やかな恋愛もの。場面によって主人公の名前が変わる。
  • 橋本奈々未
    ノルウェイの森(村上春樹)
    今度北海道で朗読番組が決まりました。その第1回でこれ読みます。
  • 齋藤飛鳥
    乱反射(貫井徳郎)
    貫井さんの作品が大好き。2回読むと意味がわかる内容。


それぞれのおすすめ本に、楽天ブックスへのリンクをつけておきます。アフィリエイトではないのでお気軽に。

万理華さんの「みづいろ」は、手に入りにくい希少なものだそうです。

それから本の紹介中、いくつかおもしろい場面がありました。自分のおすすめ本の一節を朗読→他のメンバーに感想を聞く、という流れ。


  • 棒読みの永島
  • 生駒(朗読)
  • 早出「読んでみたくなりました?永島さん。」
  • 永島「はいなりました。(棒)」
  • 早出「嘘くさいですねー。」
  • 会場(笑)

このあと井上さんの朗読後にも、まったく同じやり取りを繰り返しました。

永島さん、毎週でラジオで鍛えられているだけありますね。


  • すべて許される星野さん
  • 永島(朗読)
  • 早出「どうでした?星野さん。」
  • 星野「…。」
  • 早出「聞いてたか聞いてなかったかだけ教えてください。」
  • 星野「聞いてなかったです。」
  • 会場(笑)

やりたくな~い。


  • 飛鳥さんの言い訳
  • 優里(朗読)
  • 早出「どうでした?飛鳥さん。聞いてたか聞いてなかったかだけ教えてください。」
  • 飛鳥「ちがうんですよ。…これが俗に言う”右から左へ”で…。」
  • 会場(笑)

話しはじめの「ちがうんですよ。」っていうフレーズ、乃木坂ファンの方なら脳内で再生されますよね。


  • 「乱反射」はどんな本?
  • 早出「飛鳥さん、それはどんな本なんですか?」
  • 飛鳥「地方都市に住む…」(本を裏返してあらすじをそのまま読む)
  • 会場(笑)
  • 早出「すいません、ぼくが悪かったです。」

飛鳥さん、おそらく狙ってやっていると思うんですけれど、頭の回転の早さすごい。


⑤読んでほしい作品朗読

乃木坂浪漫 トークアプリ「755」を使い、ファンから事前に募集した「読んでほしい作品」を取り上げて、数人で朗読する企画。


「武道館」(朝井リョウ)


伊藤万理華、井上小百合、齋藤飛鳥、斉藤優里、永島聖羅

乃木坂ファンの間でも一時期話題になった、アイドルをテーマにしたこの本。

5人が登場人物のセリフとナレーションを分担し、ラジオドラマのように読みました。朗読というよりも、演技に近かったかも。


「NARUTO」(岸本 斉史)


生駒里奈、橋本奈々未、星野みなみ

朗読が始まったときから、なぜか笑いをこらえている様子の橋本さん。

生駒さんの「~ってばよ!」がおもしろいのかな?と思っていましたが、違いました。

いつまで経っても生駒さんと星野さんだけのやり取りが続き、出番のなかった橋本さんが最後の最後にひと言だけ。

「小僧、それ以上なにも言うな。」でおしまい。

会場爆笑。


「おいしいから揚げの作り方」


松村沙友理

おそらくレシピ本の朗読。

しょうゆをからめて、油で揚げて…みたいな工程を読み上げ、最後は「いただきます!」でおしまい。


⑥プレゼント抽選会

伊藤万理華 先ほど「秋に読みたい一冊」で紹介した本に、サインをしてプレゼントするという企画。

お客さんの座席には1から150までの番号が振られており、番号の書かれた紙をメンバーが箱から引く抽選方式。

ここで、万理華さんの抽選中にアクシデントがありました。

引いた番号を読み上げると、そこは空席。当選したけれど来なかった方がいたんですね。仕方なくもう一度引くと、なんとそれもまた空席。

  • 欠席者はどこに行った?
  • 万理華「○○番!」
  • 会場 \いない!/
  • 早出「じゃあもう1回。」
  • 万理華「××番!」
  • 会場 \いない!/
  • 松村「絶対けやき行ってんで!」
  • 橋本(しかめっ面で親指を下にし、ブーイングのポーズ)
  • 会場 \こわいこわい!(笑)/
  • 早出「それ、殺すぞって意味ですからね。下じゃなくてサムアップの方ですよね?」
  • 橋本(あわてて親指を上に)
  • 会場(笑)
  • 松村「ここにいるってことは、みんな乃木坂好きなんやな!」
  • 会場(拍手)


この抽選会、ほかにも色々おもしろいことがありました。

  • 飛鳥さんの本を当てた男性がヘアバンドをしていたのを見て
  • 飛鳥「さっきから熱さまシートしてんのかと思ってて…(笑)」
  • 早出「熱さまシートじゃないですよね?」
  • 飛鳥(笑)
  • 早出「ヘアバンドですよね?」
  • 飛鳥(爆笑)
  • 松村「(あの人は)いつもしてる人。」
  • 早出「覚えられてるんですね!」
  • 飛鳥(爆笑)
  • 早出「つぎ飛鳥さんに会うときは、熱さまシート貼ってきてください。」

ヘアバンドが飛鳥さんのツボにはまってしまい、笑いがとまらず。しかもその方は松村さんの認知がある方だったようです。


  • 当選者3人の席がたまたま3つ斜めに並んだのを見た橋本さん
  • 橋本「待って!これビンゴみたい!」
  • 早出「お客さんをビンゴ呼ばわりしないでください!」
  • 会場(笑)

先ほどのサムアップの件を含め、橋本さん絶好調。


  • サイン入りの本が当たった方へ、永島さんからひと言
  • 永島「どうかこれ当たった方、ヤフオクには出さないでくださいね。」
  • 早出「そんなことするわけないじゃないですか!」
  • 永島「するんですよ!売られてたんです!」
  • 会場(笑)
  • 早出「ファンを信じましょう…。」
  • 永島「当たった人の顔、ちゃんと覚えときます。」

先日の”サイン入りカーナビ即売会”イベントで、自分のサイン入りカーナビがヤフオク出品された永島さん。

ネタにしてはいますが、そりゃあショックですよね。みなさま、サイン入りグッズの転売は控えましょう。


⑦全員で朗読

くまとやまねこ 9人全員で朗読するコーナー。読んだのは、絵本「くまとやまねこ」(湯本香樹実、酒井駒子)です。

ステージ上のイスに座り、ひとりずつ交代で朗読。会場の照明を落とし、読む順番になるとそのメンバーだけにスポットライトが当たります。

終盤ということもあってか、ここでは全員まじめモード。

早口気味に読む松村さん、なぜか暗い話に聞こえる橋本さんや飛鳥さんなど、ひとりひとりの個性がすごく感じられます。

絵本だからなのか、星野さんの朗読がいちばんしっくり来ました。


⑧歌詞を朗読

何度目の青空か? 最後は「何度目の青空か?」の歌詞を朗読。先ほどと同じく、ひとりずつ交代で読んでいきます。

オルゴールバージョンのBGMが流れていて、それに合わせて1番の歌詞に音程をつけずに読むというもの。

誰がどこを読んだかまでは覚えていませんが、サビ部分「何度目の~」は橋本さん、ラスト「今の自分を~」は生駒さんでした。


⑨エンディング

SMEビル すべての演目が終わり、ひとりずつ感想を話しました。

  • 松村沙友理
    「真剣に朗読することがないので緊張した。」
  • 永島聖羅
    「お客さんが温かかった。」
  • 齋藤飛鳥
    「自分の読んでいる本を言うのは覗かれているようで恥ずかしい。」
  • 生駒里奈
    「普段できない、よい経験ができた。今日はありがとうございました。」

早出さんと全メンバーが退場し、全演目終了。

ここでプレゼント抽選の当選者さんに、スタッフさんがサイン入りの本を届けていました。うらやましい!


まとめ。

今年の夏に第1回が開催されて、それに参加した方から「すごくよいイベントだった」って聞いてたんです。

朗読イベントって退屈じゃないの?なんて思いつつ、でも万理華さんと井上さんがいて土曜開催なら!ということで応募し、参加しました。

結果、大正解。こんなに笑えるイベントだったとは!

メンバー9人の魅力や会場のアットホーム感はもちろん、早出さんの進行がほんとに上手で面白くて、まさに神イジり。メンバーやグループのことを深く理解しているからできるんですよね。

のぎ天は終わってしまいましたが、これからも「早出の乃木坂神イジり」、ぜひどこかで見たいです。


さて、冒頭で少し触れましたが、第3回が決定しています。

  • 乃木坂浪漫 動画:楽天SHOWTIME(ショウタイム)
  • 抽選エントリー期間
    2015年11月17日(火)15:00~2015年11月30日(月)14:59
  • 開催日時
    12月10日(木)19:00開演(予定)
  • 参加メンバー
    西野七瀬、衛藤美彩、高山一実、若月佑美、川村真洋、中田花奈、中元日芽香、和田まあや

推しメンがいる方、絶対に行くべきですよ!そして、花道沿いの席を取るべき!



1件のコメント
  • かつき より:

    お疲れ様でした〜♪

    どうも、隣の席の友人Aです笑

    席から身を乗り出したまっちゅんにいじってもらえるなんて最高でしたねヾ(@⌒ー⌒@)ノ

    第1回目より、早出さんとメンバーの会話が噛み合っておもしろくて幸せな時間でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


ct

ページ上部へ