6.3「咄嗟」「行くあて」湯浅弘章監督のトークショー開催!

1,027 views

趣味があまり長続きしない私が、乃木坂46を追いかけるようになって3年目に入りました。

アイドルとは無縁の生活だったはずが、なぜここまで夢中になり長続きしているか考えてみると、その理由はやっぱり「映像」なんです。

”映像の乃木坂” なんて言われるほどクオリティの高い、MVと個人PV。もともと映画やミュージックビデオに関心の高かった私にとって、これがなかったらきっとだいぶ前に関心が薄れていただろうな~と思います。

中でもこの方を知ることができただけで乃木坂に感謝!と思えたのが、「咄嗟」や「行くあて」の湯浅弘章監督。


映像のイベントやります

2年前。2015年の春頃に、「池袋シネマショッキング」というイベントが開催されていたのをご存知ですか?

毎回ひとりの映画監督を取り上げ、実際にその方をゲストとして招く上映会。その第5回に湯浅さんが出演したのです。

もちろん私はこれに参加し、当日の内容を記事にもしています。

過去記事:
湯浅弘章監督の上映会、ざっくりレポート!池袋シネマショッキング

記事内にも書いているとおり、この日は本当に楽しかったのです!湯浅さんはこんな方なのか~とか、そうやって映像を作っているのか~とか。乃木坂メンバーに関する話もたくさん出ました。

しかも第6回のゲストに柳沢翔さんの出演が決まっていて、次も絶対参加する!と意気込んでいたのに、その後主催者の方も特設サイトも沈黙。どうやら立ち消えてしまったようです…。

私の中ではずっとこの件がひっかかっていて、こんなによい企画が途絶えてしまったことを残念に思っていました。

そして丸2年が経ち、さすがにもう開催はなさそうかなということで…勝手に引き継いで開催します!

イベント名は、クリエイタートークショー『坂道人』!開催日は6月3日(土)。

46グループのクリエイタートークショー「坂道人」
池袋シネマショッキングは ”映画監督” というくくりでしたが、『坂道人』では ”坂道シリーズに関わるクリエイターさん” というくくりで進めたいと思っています。

第1回のゲストはもちろん、私の大好きな湯浅弘章さん!


湯浅弘章監督とは?

映像が好きな乃木坂ファンの方には説明するまでもありませんが、映像は好きだけど監督の名前までは…という方のために。まずは何より、湯浅さんの監督した乃木坂作品をご覧ください。

「水槽の中」秋元真夏 個人PV
「行くあてのない僕たち」ショートムービー
「永遠はないから」深川麻衣ドキュメンタリー
「大人への近道」MV
「赤い傘のひと」生田絵梨花 個人PV
「立ち直り中」MV
「インスタントカメラ」西野七瀬&若月佑美ペアPV
「あの日 僕は咄嗟に嘘をついた」MV
「天体望遠鏡」西野七瀬 個人PV
「無口なライオン」MV
「万理華」伊藤万理華 個人PV
「拝啓、橋本奈々未様」橋本奈々未 個人PV

すごいラインアップ!他に「サヨナラの意味」MVなど、監督以外として関わられているものも。

さらに乃木坂以外では、「こえ恋」「ランチのアッコちゃん」「ワカコ酒」「TNGパトレイバー」などのドラマも手がけられています。

『坂道人』では時間の都合もあってすべて取り上げることは難しいため、2部構成にして各部でテーマを設定しました。

第1部は「湯浅監督のルーツと坂道シリーズ」として、

「草間のささやき」ショートムービー
「Brave New World, enchantMOON」ショートムービー
「大人への近道」乃木坂46 MV

第2部は「さゆまり2部作とドキュメンタリー」として、

「あの日 僕は咄嗟に嘘をついた」乃木坂46 MV
「行くあてのない僕たち」乃木坂46 ショートムービー
「永遠はないから」深川麻衣 ドキュメンタリー

という感じで、トークのメインとなる作品も設定。

どういう流れで映像ができていくのか、ストーリーはどうやって決めているのか、などなど気になることがたくさんありませんか?

そのあたりをたっぷりお話しいただいたり、実際に映像を上映したり、来場者の方の質問に答えていただいたりもする予定です。

※現在特設サイトにて、湯浅監督への質問を募集しています。イベント後にレポート記事を制作し、書ける限りの内容を記載する予定です。不参加の方もぜひご投稿ください!


アシスタントMC

いくらお聞きしたいことがたくさんあるとは言え、本来は裏方である監督がひとりで話しつづけるのって難しいのでは…?ということで、進行役を入れます!

アシスタントMCをお願いしたのは「成城彼女」というグループのOG、りいささん。ダンスイベントUNIDOLに出場し、坂道シリーズのダンスを踊ったりバックで流す映像を制作している、明るくて笑顔の素敵な女子大生です。

りいささんはなんと、このイベントにぴったりの ”映像制作職” 志望。MCは初挑戦とのことで、当日は温かく見守っていただけますと幸いです。



会場は代々木

開催会場は、渋谷区代々木の「リブロホール」。

グランドピアノが設置され、スタジオを併設したこちらのホール。実はあの「初森ベマーズ」で、生田絵梨花さんがピアノ演奏シーンを撮影したロケ地です。

電車でのご来場は、小田急線「参宮橋」駅から徒歩5分。こちらもなんと齋藤飛鳥さん個人PV「参宮橋」のロケ地。お越しいただく方は、このへんもぜひお楽しみください!

バスでのご来場なら、新宿駅西口から出ている100円バス「新宿WEバス」に乗って「西参道」で降車し、そこから徒歩350m。天井がガラス張りの、ちょっと変わったバスです。


まとめ。

そのほか詳しい情報はすべて特設サイトに記載されています。

そしてイベントのメインビジュアルを描いていただいたのは、坂道ファンアート界で圧倒的な知名度を誇るなべりょうさん!「行くあてのない僕たち」のワンシーンを、絵コンテっぽいラフな感じでお願いしました。

46グループのクリエイタートークショー「坂道人」
映像が大好きな主催者とアシスタントりいささん、そして映像に人生をかけている監督さんが作るイベントです。

坂道シリーズのミュージックビデオ・個人PVが好きな方、ぜひお越しください!


※チケットは完売しました。監督に答えていただく質問は引き続き募集中です。



この記事についているタグ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


ct

ページ上部へ