\当サイト主催でイベントをおこないます!/
ただいま前売りチケット3次販売中!

新宿二丁目「新宿⊿坂46ナイト」に行ってきた!

534 views

新宿⊿坂46ナイト 2016年11月13日(日)の夜、新宿で開催された「新宿⊿坂46ナイト」に行ってきました!

前回の記事『乃木坂ファンのフェス?「NOGI FEST!」イベントレポート!』に続き、こちらも乃木坂46&欅坂46のファンイベント。新宿二丁目というちょっとアダルトな町で、どんなパーティーがおこなわれているのか見てきましたので、お伝えします。


新宿二丁目

新宿⊿坂46ナイト この地名、ご存知でしょうか?都内に住む人ならなんとなくでも聞いたことがあるかと思いますが、ネットで地名を調べると「世界でも有数のゲイタウンとして有名」と出てきます。

私も浅い知識ながら、やっぱりオカマバーやゲイバーでにぎわう地域というイメージがありました。


AiSOTOPE LOUNGE


そんな歓楽街の一角にある「AiSOTOPE LOUNGE(アイソトープラウンジ)」がこの日の会場。

飲み屋が建ち並ぶ通りから路地に入ったところにある、ビルの1階です。地下や上階でなく1階、そして入り口が明るいこともあって入りやすい印象でした。


ゲスト


メインのゲストは、百合坂46。

46HOUSE!にしてもこの新宿⊿坂46ナイトにしても、都内開催の坂道ファンイベントには、もはやおなじみの顔となってきましたね。

踊ってみた動画で有名になったグループとは言え、生のパフォーマンスは本当に素晴らしくて、これだけ声がかかるのも納得!


主催の方と接触!


入場してすぐ、主催の方と少しだけお話ができました。

このイベント中、乃木坂46は横浜で個別握手会の真っ最中。お客さんどのくらい来るんですかね~みたいなことを聞いてみたところ、百合坂さんのスケジュールを優先してこの日に決めたことと、握手会の後に来てくれるから大丈夫!というようなことをおっしゃっていました。

イベント日を左右してしまう百合坂さん、そして主催者さんのお客さんへの信頼感、すごい!


ダンスショー!

百合坂46×2


DJ以外にもダンスの時間があり、そのメインが百合坂46。ここでは新宿坂選抜の7人が登場し、なんと2部構成で夕方と夜の2回公演。

しかもこの場で初披露となるダンスがあるとのことで、百合坂さんの出番直前になるとフロアがお客さんであふれていました。


ということで2部のセットリストで初披露されたのは、ちょっと間抜けな感じのフリがかわいい「シークレットグラフィティー」でした!後日踊ってみた動画が上がるのかも?


枯木坂46!?


百合坂さん以外にも、ゲストによるダンスショーがありました。が、私時間の都合により途中で退場してしまったのです…。BLOKE46、CON合成希望、そして枯木坂46。見たかった!

あとから聞いた情報によると、ゲイの方々による坂道フリコピだった?ようで、めちゃめちゃ盛り上がったのだろうと思うとますます見たかったです。


あきらかに違う、2つのイベント。

新宿⊿坂46ナイト 坂道グループのファンイベントでDJがベースとなると、私としてはどうしても46HOUSE!と比較してしまうのです。

ということで、両イベントの特長と私なりに感じた違いを挙げてみたいと思います。


46HOUSE!


若くてエネルギッシュで、とりあえず騒ぎたい!みたいなイメージ。学生さんが多いこともあり、モッシュやコールが頻発するので熱気がすごい。みんな汗かいてる。

DJでは、スタンダードに坂道曲をつなぐ人もいれば、超個性的なアレンジやマッシュアップをする人までさまざま。

百合坂さんの出番では、ひたすらコール&ガチ恋口上。


新宿⊿坂46ナイト


落ち着いているというか、ゆったり体を揺らしながら音楽やお酒を楽しむみたいな雰囲気。未成年入場禁止、というのも大きいと思います。

DJは、スタンダードに曲をつなぐスタイル。おそらく独自編集と思われる、坂道グループにゆかりのあるムービーが流れていて、映像にとてもこだわっている!画面左上には常に歌詞が表示されるので、ライトなファンにもやさしいなという印象でした。

百合坂さんの出番ではなんと、最後列以外の人がみんな座っていました。これは驚き!いわゆる永島生誕式、フロアの全員がダンスを見られるようにという、お客さん同士の気遣いですね。


まとめ

たった1度の参加、しかも途中で帰っておきながらわかったようなことを書くのは大変申し訳ないのですが、2つのイベントはそれぞれ土壌が違うのかなという感想です。

46HOUSE!は何よりもまず「乃木坂46」ありきですべてが始まっているのに対して、新宿⊿坂46ナイトは「ダンス」や「新宿二丁目文化」が根底にあって、そこに坂道グループのエッセンスを混ぜたような、そんなイメージを抱きつつ私は帰路につきました。

当サイトのレポート記事で46HOUSE!の様子を見たけど、雰囲気がちょっと自分には合わないかも…と思っている方がもしいたら、扱う楽曲は同じでもこちらの新宿⊿坂46ナイトの方がしっくりくる!なんてことがあるかもしれません。

第3回が開催されたときはぜひぜひ訪れてみてください!私もまた行きたい!



この記事についているタグ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


ct

ページ上部へ