\当サイト主催でイベントをおこないます!/
ただいま前売りチケット3次販売中!

参加者向け解説ページ

ゲームの流れ

このゲームは、人狼チームVS市民チームの推理ゲームです。

「人狼」は自分が人狼であることを隠して市民を襲い、市民チームの数を減らすことが目的です。
→ いかに上手く嘘をつくか、場を誘導するかが重要!

「市民」は誰が人狼かを推理し、すべての人狼を追放することが目的です。
→ プレイヤーの言動から嘘を見抜く推理力が重要!


朝のターンと夜のターンでワンセットです。

朝は全員で話し合いをし、それぞれが人狼だと思う人に投票します。多数票を集めた人は、追放されます。

夜は4つのことが起こります。
①人狼が市民を襲う。
②「騎士」は襲われそうな人を推理して守る。
③「占い師」は誰か1人の配役を占う。
④「霊媒師」は昼に追放された人の配役を知る。


ワンセットごとに最大2人ずつプレイヤーが消えていき…

→ 人狼チームと市民チームが同数になったら、人狼チームの勝ち。

→ 人狼が0人になったら、市民チームの勝ち。


配役説明

「人狼」人狼チーム


人の姿をした狼。夜のターンごとに市民を1人ずつ食べてしまいます。

人狼が2人いる場合、お互いもうひとりの人狼が誰かを知っています。つまり、誰が市民かも知っています。ただ、裏切り者が誰かは知りません。

自分は人狼でないと嘘をつきつつ、市民に疑いをかぶせるよう誘導しましょう。

また、「裏切り者」が誰かをいち早くつきとめて味方にしたり、「占い師」を早めに消せると、ゲームが有利に進みます。


「占い師」市民チーム


毎晩ひとりだけ選び、その人の配役を知ることができる市民。市民チームが勝つためには、非常に重要な役割です。

役職まではわからず、”市民”・”人狼” のどちらかだけ知ることができます。「裏切り者」は ”市民” と出るのでご注意。

自分が占い師であると名乗り出れば騎士に守ってもらえるため、どのタイミングで名乗り出るかが肝心。

人狼が嘘をついて占い師を名乗り出る可能性が高いため、どうやって市民に信じてもらうかがカギ。


「騎士」市民チーム


毎晩ひとりだけ選び、人狼から守ることができる市民。

占い師と思われる人など市民を守ることが重要で、誤って人狼を守ることがないよう注意。

名乗り出るメリットがあまりないため、最後まで黙っていることが多いようです。

同じ人を2度守ること、自分を守ることはできません。


「市民」市民チーム


特殊能力なし、通称 ”ガチ市民”。

人狼にだまされず、朝の投票で確実に人狼を追放していく必要があります。

占い師など重要な役職者を守るため、自ら追放を希望する戦略も有効。


「霊媒師」市民チーム


直前に追放されたのが、市民か人狼かを知ることができる役職。

本物の占い師を見抜き協力することで、市民チームにとって強い力となります。

カミングアウトのタイミングが肝です。人狼が2人以上いるゲームでのみ登場。


「裏切り者」人狼チーム


市民でありながら人狼チームに所属する、特殊な役職。

人狼をつきとめ、自分が裏切り者であることをどうにか伝えましょう。

そのため、嘘をついて占い師であると名乗り出ることが多いようです。



ct

ページ上部へ