\当サイト主催でイベントをおこないます!/
ただいま前売りチケット3次販売中!
更新!

「立ち直り中」MVを深読みして考えてみる

25,084 views

ミシンを使ったことがありますか?

高速で送られていく布の上に、規則正しく等間隔にひたすらまっすぐ同じ縫い目を刻んでいくミシン。

乃木坂46の11thカップリング曲「立ち直り中」MVは、ミシンを使う紡績工場で働く女性の物語。

監督は「あの日 僕は咄嗟に嘘をついた」や「無口なライオン」でおなじみの湯浅弘章監督です。乃木坂以外では、「パトレイバー」や「ワカコ酒」なども手がけられています。

淡くて美しい映像、ドラマ仕立てのストーリー、話の核となる部分に明確な答えを出さないラストシーンが特徴の湯浅監督。いつも見る人の解釈にゆだねるような描き方をされています。

このMVも人によってさまざまな解釈ができそうなので、さっそく私も深読み考察!

まずは人物設定。

このストーリーは紡績工場で働く7人の女性、中でも橋本奈々未さん、白石麻衣さんを中心に描かれています。

本編の大半は曲が流れていてセリフ音声がないので、無音の演技パート、MV冒頭とラストのセリフを元に、まずは人物設定を考えてみます。

●ハシモトナナミ

橋本奈々未さん演じる主人公。あとで詳しく書きますが、名前はハシモトナナミ。内向的で人と積極的に関わりを持てない性格。

幼い頃に母親が自分の元を去り、その理由がわからないまま時が経ち、いまだに引きずっている。内向的な性格を、自分を捨てた母親のせいにしている。

●マイ

白石麻衣さん演じる、ナナミの幼なじみ。平凡な毎日とそこから抜け出せない自分に焦りを感じている。

ナナミのよき理解者であり、母親との一件を断ち切って前に進んでほしいと願っている。

●職場の仲間たち

秋元さん、衛藤さん、高山さん、深川さん、松村さん。

世の中への不満を嘆くものの、それを変えるために動き出そうとはせず日々を過ごす職場の仲間たち。

ただ、深川さんだけは他の4人と一線を引いた人物設定になっていて、湯浅監督自身を投影させているようにも見ることができます。

そしてミシンを使う紡績工場は、ミシンの縫い目のように「変わらず繰り返される毎日」を象徴しています。

立ち直り中。

MV冒頭から順を追って深読みしていきます。

幼なじみのマイと共に紡績工場で働くナナミは、子供用のドレスを縫っている。

自身が子供の頃のことを思い返して指をケガしそうになり、マイの一言で我に返ってミシンを止める。

ナナミがいまだに子供の頃のことをひきずったままでいること、そんなナナミの繰り返す毎日をマイが止めてくれることを表しています。


終業後、口々に現状の不満をもらす仲間たちに「世の中に不満があるのなら、まず自分を変えること」と話し、そのために自分が工場を辞めて「テレビの中の人になる」ことを伝える。

それを聞いた周りの仲間たちは「えーなにそれ!」と笑う。

マイの「世の中に不満が…」のセリフ、「テレビの中の人になる」という宣言は、自分の力で悲しい過去から立ち直ってほしいという願いを込めて、仲間たちではなくナナミに向けられています。

そして深川さんのセリフ、「本物のアイドルとかに会ったら、自分もなりたいって思うのかもね」は、このあと結果的にアイドルになるマイに影響されて変化していくナナミを暗示しています。


帰路の途中マイはナナミにもっと仲間と打ち解けるよう勧め、自分にとって特別な場所である廃園となった植物園へ案内する。

散らかった植物園をふたりで片付けるようになり、そのうちやって来た他の仲間とナナミは打ち解けることができる。

植物園で片付けを始めるところで「立ち直り中」の曲が始まります。

そのことからも、廃園となった植物園での時間は、「自分の抱える問題と向き合い、立ち直る時間」を表していると考えられます。

仲間たちがやって来てナナミは戸惑いますが、それも乗り越えて仲間と打ち解け、マイにとって気掛かりだったことが解決します。


ナナミが仲間と打ち解けられたことを見届け、マイは街を出る。

再び大切な人が去ってしまったことでナナミは落ち込み、以前のように繰り返すだけの毎日を過ごす生活に戻ってしまう。

そしてしばらく時が経ち、ナナミはテレビに映るマイの姿を見つけて気を取られ、ミシンで指にケガをしてしまう。

今まではマイが自分を見ていてくれたからケガをしなかった、つまり、ただ繰り返す毎日からマイが救ってくれていたことにあらためて気づき、ナナミは涙を流します。

そしてようやく「世の中に不満があるのなら、まず自分を変えること」の意味を知り、今度は自分自身の力で立ち直る決心をします。


やがてナナミは結婚し、子供が産まれ、お母さんになる。子供との帰り道、あの頃に訪れた植物園に立ち寄り、そこでマイと再会する。

ナナミは完全に立ち直り、子供と幸せに暮らしています。白いメガネは「心の変化」の象徴です。

最後の植物園のシーンはナナミの空想。マイは実際には街に帰ってきていません。

植物園にいる子供は幼少期のナナミ自身で、「ハシモトナナミ」と名乗ります。

自分を立ち直らせてくれたマイへの感謝や尊敬から、ナナミはマイに母親の姿を重ね、「おかえり」と声を掛けます。

そしてラスト。マイを見上げてなんとも言えない表情をする幼少期のナナミ。

このシーンの意味は、

いま実際に母親になったナナミ自身と、捨てられた幼少期のナナミと、両方の視点から自分の母親を理解しようとしている

のではないでしょうか。

つまり、一見立ち直ったかに見えたナナミですが、やっぱり自分を捨てた母親のことはどうしても理解できずにいた。

母親になったナナミはいままさに、あのときの母親を理解しようとしている「立ち直り中」なのです。

まとめ。

つらつらと書いてみましたが、「テレビの中の人」という遠回しな表現、マイのカメラ目線、髪飾り、ナナミがマイに叫んだセリフ、マイの挫折シーン、深川さんの存在などなど。

気になるセリフや演出がちりばめられているのに、自分の深読みストーリーにうまく結び付けられなかったポイントがいくつもあります。

ここに書いた解釈のほかに、冒頭で母親に捨てられたのはナナミではなくマイなんじゃないか、なんて方向からも考えてみましたが、それはそれでまた違うストーリーが見えてきて面白いです。

曲も映像も美しいので、その映像世界に身を任せてぼーっと見てしまいそうになりますが、本当にいろんな解釈のできるMVだと思いました。

なにか思うところ、自分の解釈はこうだ!などありましたら、下のコメント欄やツイッターで教えてください。


「立ち直り中」予告編



1件のコメント
  • 匿名 より:

    マイの存在自体が謎な部分がありますよね。

    なぜナナミの母親のような存在であるのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


ct

ページ上部へ